膝の痛みを改善する方法|健康食品で自律神経失調症を治療|健康な生活を続けるための対策

健康食品で自律神経失調症を治療|健康な生活を続けるための対策

レディー

膝の痛みを改善する方法

お腹

原因は関節軟骨の磨耗

変形性膝関節症は、膝関節の軟骨が磨耗することによって発症します。骨の結合部である関節は、それぞれの骨が軟骨で覆われていることによりスムーズ、且つ、痛みを感じずに動きます。関節の軟骨は、言わば、クッションの役割を果たしているのです。そのクッションが膝関節において、機能しなくなった状態が変形性膝関節症です。関節軟骨は、年齢と共に磨耗します。とりわけ、膝の関節軟骨は、磨耗しやすい軟骨です。なぜなら、膝関節は体重が伸し掛かる、負担が大きい関節だからであり、また、動作も大きい関節だからです。従って、高齢者に変形性膝関節症の人は多くいます。変形性膝関節症に効果があるとされているのが、グルコサミンです。グルコサミンは関節軟骨の構成成分ですので、摂取すれば、関節軟骨の再生が期待できるのです。このようなことから、グルコサミンのサプリメントは、高い人気があります。

筋力トレーニングも重要

但し、注意すべき点があります。それは、グルコサミンのサプリメントは、あくまでもサプリメントだということです。特効薬ではなく、ましてや薬でもない、サプリメントなのです。ですから、すぐに、変形性膝関節症を改善することはなく、改善を期待するのならば継続して服用する必要があるのです。ならば、効果が現れるまで、気長に待つ他ないということになってしまいますが、待つだけというのは、しない方が良いでしょう。効果を期待しつつも、すべきことは筋力トレーニングです。変形性膝関節症を患う高齢者が効果が現れるまで、じっと待っていたら、体力が衰え、寝たきりになってしまう可能性があります。また、膝周辺の筋力をアップすることで、膝関節の負担は軽減されます。ですから、過度に行うことは厳禁ですが、筋力トレーニングを行った方が良いのです。